1. キャバクラ派遣は副業にもぴったり!

キャバクラ派遣は副業にもぴったり!

キャバクラ派遣は、いつでも自分の都合がいいときにお仕事をすることができる大変便利なサービスです。
お昼は普通のお仕事をしながら、キャバクラ派遣を副業として上手に利用している女性がたくさんいます。

1.キャバ派遣はダブルワーク向き

キャバ派遣を利用する最大のメリットは、自分の都合がいいときだけお仕事ができるところです。
つまり体調が悪い日や用事がある日は、お仕事をする必要がありません。
例えば本業の会社が終わった後に、副業としてコンビニでアルバイトをしていたとしましょう。

基本的にシフトが決まっているので、本業で疲れきっている日や、急な用事ができた日でも、気軽に休むことはできません。
しかしキャバ派遣であれば「今日は何も用事がないからキャバクラで働こう」でOKなのです。
いつでも自分の都合が最優先ですので、無理をすることなく働けます。
これは大変嬉しいメリットといえるでしょう。

2.キャバ派遣ならお昼のお仕事にも影響が少ない

またお仕事が終わってから入れる通常のアルバイトは、夜勤のお仕事の方が多いです。
ほんの2〜3時間ほど働けばOKというお仕事は、あまり見かけたことがありません。
場合によっては夜中の2時、3時までずっとお仕事をして、そこから家に帰ることになってしまいます。

しかしこういった生活を続けていると、必ず体を壊す日が来ると断言できます。
ですがキャバ派遣なら終電上がりの案件も多いので、体調に余裕がある日を選んでお仕事に行けば、体に大きな負担をかけることはありません。

そしてキャバ派遣のお仕事は短時間しか勤務していなくても、高時給が保証されているので、効率よくまとまった金額を簡単に稼ぐことが可能です。

さらに水商売にはつきものの心配である、「身バレする危険性がほとんどない」ことも大きなメリットです。
基本的に毎回違うお店で働くので、偶然会社の知り合いと出くわすことはまずありません。
それでも心配なら、なるべく会社から遠いお店を選んで勤務すればOKです。

3.ダブルワークをする際に気をつけたい確認事項

会社に勤めているほとんどの人は、特別徴収で住民税がお給料から天引きされています。
そのため派遣のキャバ嬢として稼いでいると、月給は変わっていないのに、天引きされる住民税の額だけが増えてしまい、副業がバレる可能性が出てくるのです。
そういったことを避けるために、予め本業の会社に副業OKかどうかを確認しておくことをおすすめします。

もし勤務先が副業禁止の会社ならば、副業の住民税の支払い方法を普通徴収に切り替えておきましょう。
確定申告の書類にある「自分で納付」の項目にチェックを入れるだけでOKです。

まとめ

キャバ派遣は副業の中でも、かなり効率よく稼げるおすすめのお仕事です。
楽に稼げる副業を探しているなら、一度試してみてください。
絶対にやめられなくなること間違いなしです。